マンション管理士の講座選び

何らかのプロがしのぎを削る熾烈な競争の試験

マンション管理士ほど、ある意味で熾烈な競争を迫られる試験はありません。
なぜならこの資格をめざすライバルの多くには、すでになんらかマンション管理に関連した仕事の経験を持っている人が多いからです。

建築・施工管理や建物管理のプロはもちろん、
司法書士や土地家屋調査士、行政書士などいわゆる士業者、
さらには損害保険の営業者や個人の財政をサポートするファイナンシャルプランナーにも、これまでの経歴にくわえ、新たにマンション管理士の資格をめざす人が少なくありません。

マンション管理士という職業はたしかに、さまざまな分野でプロとして活躍している人たちが、これまでのキャリアの礎の上に、新しい挑戦をしやすい仕事なのです。

マンション管理士の業務をおおまかに分類してみますと、
「建築・設備」「法的な手続き(法律)」「コンサルティング」の3つの分野に分けることができます。

この3つの要素を兼ね備えていることが理想です。
しかし実際にはそんなスーパーマンのような人はいません。
開業しているマンション管理士の実際を見ても、この3つの業務のいずれかにつよいマンション管理士として業務をスタートさせ、他の業務については日々の実践を通じて精通していくのが一般的です。

さて当サイトは試験対策をテーマとしたサイトです。
マンション管理士合格後のお話は後に譲り、ここでは試験の話をします。

管理人がお伝えしたいの、マンション管理の受験者の多くは、3つの分野のいずれかの専門知識をすでにある程度持っている人が多いということです。

管理人は、一級建築士として働き続け、マンション管理士の試験に合格したある人にこんな話を聞いたことがあります。
「建築・設備の勉強はする必要がなかったです。だって、建築士の試験の時にもっと難しい勉強をたくさんしていましたから」。
司法書士や行政書士なら、民法等の法律科目について同じようなことを言うと思います。

「マンション管理士の試験は、みなが知識ゼロから同じ条件で勉強を始める試験ではない」。このことをどう捉えるかがポイントです。

申し上げたいことはこうです。
「自分は建築を専門にしてきたから有利」とか
「民法には精通しているから合格しやすいだろう」とか
そういうアドバンテージの意識を捨てていただきたいということです。

アドバンテージはないのです。
なぜならほかの分野で働いてきた人たちは、あなたとは別のアドバンテージを持っているからです。

その意味で、建築や法律にこれまで疎遠だった方にも、勝機はあると申し上げたいと思います。なんらか予備知識を持っている人たちに比べ、余計に時間がかかることは仕方ありませんが、初学者の方にも1回目の試験で合格する可能性は十分にあります。

予備校や通信講座の講師は、マンション管理士の試験合格に導くプロたちは、みな独自のノウハウを持っているからです。

これから試験勉強を始める方にオススメの教材はコチラ
他の教材と比べる圧倒的に高い合格率が人気です→
http://www.foresight.jp/mankan/