マンション管理士の講座選び

基本テキストの内容は、咀嚼して100%マスターすること。

タイトルからいきなり理想論的ですね。
しかし最低限このことはクリアしておかないと、合格はおぼつきません。

反対に、テキストの内容を100%理解して記憶にとどめておける方は、それだけで70%近い正解を得ることができるでしょう。
すでにお話しした通り、予備校や通信講座のテキストは、初めからそのような方針で作られているからです。

前ページで取り上げた出題例のように、マンション管理士の試験では、確かに細かな内容が出題されています。しかし全ての肢の○×を判別しようと思うと、試験範囲全てをきめ細かく学習しなければなりません。そんなことをしていたら、何年掛けても試験会場へ向かうことすらできないでしょう。

しかし、重点項目さえきちんと押えていれば、正しい解答を導き出せるのです。

過去問集については次ページで詳しく解説しますが、上記の観点からひとつだけ過去問のことを引き合いに出します。
過去問は基本テキストの扱い方とは異なり、全部覚える必要はありません。
テキストには載っていないこともたくさん出てくるからです。

まさに本試験もその通りです。テキストでは勉強していない、枝葉末節とも言える用語がたくさん出てきます。でも、そのことにうろたえる必要はありません(と言いますか、試験対策で過去問を繰り返すことで、試験会場ではその点にはもう慣れているとは思いますが…)。

しかし、合格する人は勉強していないことが出てきても、出題者の意図を汲み取り(推理力をはたらかせ)解答を導き出すことができます。

繰り返しますが、そのためには、基本テキストの内容を、文脈をきちんと理解しながらすべて覚えてしまうことが欠かせません。

そしてテキストの内容を完全に咀嚼する上で欠かせないのが「講義」です。

意外に思われるかもしれませんが、簡潔にまとめられた文章ほど覚えにくいものです。

みなさんは仕事上で、プロジェクト等の全体の要点を絞り込んだレジュメを渡されたことがおありかと思います。
そのレジュメに書かれている内容は、その分野について専門知識をお持ちのみなさんだから理解できます。専門外の方にはまったく理解の及ばないものだと思います。
始めて基本テキストを読み進める時の感触は、そのような喩えと似ています。

予備校や通信講座のテキストは、内容を絞り込んでいます。
受講生に必要以上の負荷をかけないためです。
しかし情報の贅肉をそぎ落としているために、それだけを使った学習では、理解を進めるのが困難なわけです。

要点をおさらいしましょう。
予備校や通信講座の要点をしぼり込んだテキストを、
意味を理解しながら100%マスターすれば、
勉強していない用語が試験に出てきても、70%は正解することができます。
そして基本テキストを100%咀嚼するためには、自宅学習なら、DVD等の「講義」が必要です。


これから試験勉強を始める方にオススメの教材はコチラ
他の教材と比べる圧倒的に高い合格率が人気です→
http://www.foresight.jp/mankan/